アライモータース多摩店/東京都多摩市中沢1-2-4 営業時間/AM10:00~PM8:00 定休日/毎週水曜日、第3木曜日(11月~2月) TEL/042-373-3959 FAX/042-373-2217

2018年05月27日

◆GSX125S◆

17GSX%20S125%20BL1.jpg




で、今度はこちらの125Sです。
こちらも新規だと注文してから数か月かかってしまう状態です。
当店では現在青が展示、即納可能な状態です。
黒に関しては数か月お待ち頂くことになります。
青も完売してしまうと同じような状態になるので
なるべくお早めに!!!!!!












ってことでCL。
レアルが無事に勝ちました。
相手GKの有り得ないようなミスやサラーの途中交代など
クロップにとっては誤算続きの決勝。
当初描いていたポゼッションを渡してカウンターで1-0勝利。
のストーリーがGKからのパスをカットしたベンゼマのゴールでご破算に。
サラーを交代させたことでカウンターのキレも悪くなり、何も出来ないまま終わってしまいました。

レアルにとっては申し訳ないけど「イージー」な決勝戦でした。
セルヒオラモスがサラーを壊したシーンは日大アメフトを思い出させました。
イエロー覚悟でサラーの腕を抜かなかったと思いますが
審判がカードに慎重になり、お咎めなし。
これでこの試合はもらったと思いました。
もちろんジダンからの指示はなかったと思いますが、
内田監督が見てたら「こうやって上手くやってくれたら問題にならなかったのに」
って思ったことでしょう。
もちろん学生アメフトではやってはいけない行為ですが。

ってことでもちろんMOMはベイルですが個人的にはセルヒオラモスです。
サラー自体はそこまで深刻な怪我ではないみたいで、
本当に上手くやってくれた。

CLの後のインタビューでロナウドが移籍するとか言ってました。
どうなるのか分かりませんが、このところロナウドは毎年こんな感じです。
でも何だかんだ言って残留するので今回も見守ろうと思います。
残ってくれたら良いけど、これだけ駒が揃っているので
もし移籍するとしても問題はない。
ベイルを残してネイマールを入れれば良いだけ。
ただ、この活躍でベイルを欲しがるプレミアがあるはずで、
購入時と同じくらいの額で売れるなら売っても良いと思う。

前半見ててイスコがずっと低調でした。
こっちが思っている事と同じように交代してくれるジダンはやっぱり素晴らしい。
もし私がクロップだったらフィルミーノは交代させます。
準決勝のバイエルンのレヴァのようにレアル戦でCFが活躍することは難しい。
それほどセルヒオラモスとヴァランのコンビは良い。
メッシもレアルとやる時は通常より下がるのはそのため。
ヴァランはまだ若いのにしっかりしてきました。
ペペが去ってからの成長は凄かった。

これで今年のサッカーは終わり。
W杯が始まります。
優勝予想はブラジル。
完全に、ブラジル。これのみ。1強と言っていいと思います。
メンバー見てもエグすぎる。
今回のW杯のテーマは「南米復権」だと思います。
メッシにとっても恐らくトップレベルで出られる最後の大会。
アルゼンチンとブラジル、コロンビアあたりがかなり上位まで上がってくると予想します。

2018年05月26日

◆GSX125R◆

18GSXR125%20BK1.jpg



なかなか納期が見えないGSX125R。
徐々に入荷してきたので、ここで一度ご案内です。

白・・・・展示中、即納可能
黒・・・・同上。即納可。
青・・・・納期未定。


となっています。青に関しては2~3か月はかかってしまいそうです。















ってことで、まずは何と言ってもサッカー。
本日夜、CL決勝戦です。
スペインの新聞ではベンゼマではなくベイルを先発予想にしているのもあります。
いずれにしてもイスコ先発でBBCが揃うことはなさそう。
ベンゼマ、イスコ、アセンシオ、ルカスバスケス、ベイル。
この中から2人を選ばないといけないのは難しい。
レアルじゃなかったら全員レギュラーでしょう。
来年はここにネイマールも加わるとか。
そうなったらベンゼマとベイルは売却しても良いかも。
ナポリがアンチェロッティを招へいしたのでベンゼマは引かれるかも。
モラタのレンタルバックの情報もあり、前線は大渋滞です。


リヴァプールとクロップは相手としては役不足。
こちらは誰もけが人なし。負ける要素はありません。
KOPあるいはコパイツの皆さんにとっては申し訳ありませんが3-1レアルで予想します。















テニスは全仏のドローが出ました。




ちょっと見にくいのですが簡単に言うと
「錦織、大坂さんには厳しい。ナダル無双決定」です。

ナダルは準決勝までデルポくらいしか強敵がいません。
反対山にはズべレフ弟はもちろんジョコ、錦織など強豪揃い。

でもワウリンカ、マレー、ラオニッチそしてフェデラーも不在の大会。
本来錦織にとっては楽しみなのですが
5セットマッチに耐えられるスタミナがあるか。
大坂さんも3回戦でM・キーズに当ります。
全米後の不調からも立ち直り、今絶好調のキーズに当る不運。
ここに勝つと次はスビトリーナ。(なぜかここでは「スイトリナ」となってます)
クレー巧者で難敵です。
仮に、仮にここまで勝ち上がるとオスタペンコ。クレーの鬼です。
全ボレースマッシュのスライス知らず。
どこまで行っても難敵。
ただ、大坂さんにとっての最大目標は全米。そしてツアーファイナル。
そこに向けてここはとりあえずキーズに勝って欲しいです。












アメフトは本当に大きな問題になってしまいましたね。
日大アメフトと言えばオードリーなのですが、なかなか発言しませんね。
関学出身の有馬さんと対談すれば面白いのに。

また、何度も言いますが「潰せ」とかもっと酷い表現はアメフトでは常識。
NHKの「NFLウィークリー」では試合前のハドルや試合中のサイドラインの様子が放送されますが
かなりの場面で「ピー」音が入ります。
つまりそれだけ汚い言葉を出しているってことです。

実際のプレーでも昨シーズンのグロンカウスキーのエルボーは酷かった。
いくらなんでもあれは無い。
でも、こんなに大きな問題にならないのは彼らがプロだから。
それはプレーに対してプロなのと同時に問題の処理能力もプロだから。
グロンカウのプレーの後、ベルチックはすぐに相手のHCに謝りに行きました。
試合中にもかかわらず、すぐに行動できたので個人の責任は出場停止となりましたが
チームとして勝ち点のはく奪などにはなりませんでした。

ベルチックの態度で全て流れが良くなりました。

ずっと言ってますがあのプレー自体も問題ですが、もっと大きな問題は
その後、すぐにその選手を呼んで事情を聴かなかったことにあります。
本来、相手QBを怪我させることだけが目的であったなら、
1プレー目の直後に引っ込ませれば良かった。
それなら監督が言っていることも、加害選手の言っていることも分かります。
「乖離があった」って言葉も理解できます。

ですが、それをせずにその後もプレーさせ続けたことで、
問題が決定的に大きくなりました。

今回のプレーもファールがあり、15ヤード下がって別のQBが入って
2プレー目に移るまで2分くらいの時間があります。
監督が「見てなかった」という事自体があり得ない。
アメフトを知らない人たちに向かって言い訳している。

仮に、100歩譲って本当に見てなかったとしたら、
尚更、選手を呼んで事情を聴くべき。
それをしなかったってことは「見てた」って事。
15ヤード下がっているのだから「気が付かなかった」は無理。

2018年05月22日

◆ホンダ ダンク◆

17DUNK%20MBK1.jpg
17DUNK%20BL1.jpg




ホンダさんのダンクですが、全色展示中です。
人気のマットカラーも珍しい青やオレンジも展示、即納可能です。
金額は車種のページにて確認してください!!!!!!!!!














ってことでアメフトは今日宮川本人が会見するみたいですね。
昨夜も甲子園ボウルや、事件があった試合のプレーをいくつか見ました。

で、私見ですが監督は
「1プレー目でオフェンスラインを突破して、相手QBまで届くような気合を見せろよ」
的な事を言ったんだろうと思います。

で、甲子園ボウル見てて関学のプレーを予想すると、
選手も入れ替わっているので様子見でRPOを入れてくると読んだのでは?

結果的に2プレー目はRPOでしたが、1プレー目はアッサリの右TEへのパス。
右タックルだった反則を犯した選手からは遠ざかってしまいました。

監督からすれば、このプレーで右DTは全く何も出来ないポジション。
実際対峙する相手左オフェンスタックル(OT)は一つ中の選手を抑えに行きました。
そこからも分かる通り、この「QBが右に流れてのTEへのパス」は完全にデザイン。

なので、結果的に当該選手はほぼフリーでQBへ突っ込んでいきました。
もしこれがQBが左に動いてくれればOTも当該選手へ当たりにいくので
普通のアメフトのプレーになったと思う。

プレーが始まってQBは遠ざかるし、監督からは狙えと言われてるし、で
パニックになってしまったのは簡単に想像できます。
監督も「1プレー目」じゃなくて「1シリーズ目」くらいの余裕が欲しかった。

内田監督の言う『選手の理解との乖離』ってのは
実際にあったと思う。
公式戦でもない試合の1プレー目に
「相手のQB目掛けて何が何でも、何秒後でも良いからタックルして来い」
なんて指示は絶対にないと信じます。

関学の島内監督も恐らく、問題は1プレー目の原因じゃなくて
「なぜそんなアホなプレーをした選手を下げさせないし、怒らないんだ?」
って事だと思う。

これに関して、内田監督はアウト。
全く何も言い訳は出来ない。
アメフトはバスケットの様に交代が自由。
何度でも自由に交代が出来ます。
1プレー目の後、審判からの説明などで1~2分の時間が空きました。
監督なら自分がどんな指示を出したのか知ってます。
その通りに選手が動いているかを見るのがアメフトの監督。
ちゃんと指示が伝わってないようなら一度サイドラインに下げて話をするべき。

いきなりの1シリーズ目に退場になった選手に対して監督が何も対応しないのもおかしい。
キャロルやリードなら選手を叱るだろうし、ベルチックなら話し合うと思う。
そのまま無視してプレイブックを見ている監督はちょっと異様だった。

「1プレー目で潰せ」

って指示は「何が何でも」と取った選手。
でも、実際に始まったプレーはサック出来る可能性が0%の軽めのプレー。

その瞬間に「あ、これは違う」と感じで次のプレーでチャンスを狙う作戦に切り替えなかった。

そして、選手がわけ分からないプレーをしているのに、続行させた監督。

私がアメフトを見始めたのは
エイクマンのダラスとジム・ケリーのビルズが戦った1993年のスーパーボウル。
(ダラスの圧勝にゲストの川合俊一がキレてたのを思い出します)
なのでもう25年近く見てて一度も見たことが無い酷いプレー。

内田監督はもっと長く、たくさんの試合を見ているはず。
あのプレーの異様さは一瞬で分かったはず。
なのに、なぜプレーを続けさせたのか、聞いてみたいです。
















サッカーはPSGがエメリを解雇してトゥヘルに。
このチームはいつまで経ってもチームとしての統率が取れてない感じがしてた。
そんな中でのトゥヘルはかなりの劇薬。
上手くいけば一気に上昇するだろうけど、
少し間違えるとチームがバラバラになってしまう。
ドルトムントみたいに若手が多くて伸び盛りのチームが合ってると思うんだけど。
エメリはどうするんだろう?
リーガに戻ってきてほしい。
もしジダンが解任されるならエメリも候補になるでしょう。










スペインの新聞ではアトレチコがレスターのヴァーディー獲得を狙っているとか。
あくまでもグリーズマンが移籍した場合だろうけど、ちょっと面白そう。
スペイン代表からモラタが外れました。
チェルシーへ移籍してからもあまりパッとせず、仕方ない所か。
イスコやアセンシオを見ているとレアルにいた方が良かったのではないかと思う。

2018年05月20日

◆アクシスZ◆

17AXISZ%20R1.jpg




大容量のメットイン、足元もフラットで使いやすいアクシスZ。
金額も125の中ではかなりお買い得。
ただ今全色店頭在庫、即納中です!
気になっている方は車種のページにて確認してください!!!!!!!















ってことでテニスはナダルがジョコ様に勝ちました。
でもジョコ様の復活は本物ですね。
一時期瞑想やヨガなど妙な方向の練習ばかりがニュースになってたジョコ様。
小麦を食べない健康法の本で荒稼ぎしたそうで、
このままそっちの道へと進むのかと思ったら見事に復活です。

昨夜の試合では大事なところでドロップが甘くなったり、
チャンスボレーがネットインしたりと錦織戦の集中力が無かった。
あれだけハードな試合をした後でナダルとの試合は無理だったか。
GSなら中1日の休養はあるはずで、もっと良いプレーができるはず。
全仏でもこの対戦が準決勝や決勝で観れたらいいですね。

ナダルに関しては文句なし。完璧です。
あのムーンボールみたいなスピンショットを生み出す丸太のような腕は凄い。
彼が使っているバボラのラケットは特にスピンが良くかかる。
トップライトなので抜けも良い。
1度で良いからウィルソンのプロスタッフとかスリクソンの5・0みたいな
フラットにあてるラケットを使って、どれだけスピンがかかるのか見てみたい。
まぁ、バボラが許さないから無理でしょうけど。

夜中にやってたズベレフ対チリッチは1セット目だけ見ました。
タイブレイク14-12は凄かったけど、
ジョコ対錦織、ナダルのような1本1本に考えが深いショットを打ってるようには見えなかった。
もちろん彼らなりに思いはあるのだろうけど、
ただ強く、深く打って相手のミスを誘うような試合だった。
展開力ではなくとにかく強く打つ。
結果ズベレフが勝ちましたが、決勝も同じ作戦だとナダル相手に勝ち目はない。

あまりニュースになりませんが女子はスビトリーナとハレプが決勝へ。
ハレプ対シャラポワの準決勝は熱かった。
ぐんぐん復調しているシャラポワがウィンブルドンでは面白いかも。
スビトリーナはクレーが上手い。
個人的にはハレプに勝って欲しいけど、
スビトリーナのテニスを見たら勝てるかは微妙。
男子よりも面白いかもですね。















サッカーは今週末で終了。土曜のCL決勝を残すのみ。
今週はこのニュースばかり追うことになりそうです。
カルバハルが復帰してフルメンバーのレアル。
正直負ける気がしません。
メンバーはほぼ不動。
ナバス
セルヒオ・ラモス、ヴァラン、カルバハル、マルセロ
カゼミーロ、モドリッチ、クロース、イスコ
ベンゼマ、ロナウド
これで決まり。
ベイルは大一番では使いにくい。
セルタ戦の2点目は豪快でベイルらしかったけど、
このオフ、プレミアに売る際の金額が上がっただけ。
「やっぱりベイルが必要だ」とはならないでしょう。
まぁ、ネイマールが来る前提の話で、
もしこの話が流れるようだとまだベイルは飼い殺しした方が良い。
いずれにしてもCL決勝でベイル先発は無い。と思う。
ロナウドが9番になった今では4-3-3より4-4-2にして
ロナウドとベンゼマが前後で少し差を付けた方が面白い。

カレンダー

loading ...
         

アーカイブ

↑クリックで過去の記事一覧
府中店多摩店A-big sportA-big MotorradTriumph TOKYO WESTworld scootersDUCATI A-bigスポルト
ARAI MOTORS アライモータースグループTOPへ