お知らせ

アライモータース多摩の最新ニュース

★モンキー125 中古車★
2020-11-17 12:49

大人気で新車は数か月待ちのモンキー125の中古車が入庫しました。

ABSは無しのタイプです。リアキャリアが付いています。

金額などは車種のページにてご確認ください!!!!!!!

ってことでテニスは2日目まで終わりました。

初日のティエム2-1チチパスは凄い試合でした。

お互いにグリグリのスピンボールの打ち合い。

チチパスは足が悪い情報がありましたが問題なさそうです。

2試合目のナダル2-0ルブレフはちょっとガッカリ。

ルブレフは緊張感なのか、ナダルに圧倒されたのか

いつもの思い切りよさがなかった。

この調子だとチチパス、ティエム共にルブレフには勝てるだろうから

直接対決に勝ったティエムがかなり有利。

仮にナダルにチチパスが勝つと一気に混戦になるだろうけど

その可能性はかなり低い。

2日目の7デイセッション、ジョコ対シュワルツマンはジョコの圧勝。

いつでもブレイク出来そうな余裕があった。

パリマスターズをジャンプして圧倒的に疲労が少ない。

優勝候補筆頭ですね。

2試合目はメドベ2-1ズベレフ。

ズベレフは大事な試合で委縮する。

何でもないような球筋で返してしまうことがある。

GSなどでの勝ち上がり中は1球にちゃんと意味があるんだけど

大事な試合で置きにいってしまう。

もっと思い切り振りきればいいんだけど

縮こまって小さく振ってしまう。

で、短くなったところを強打される。

メドベもそれが分かっているから下がらずに待機する。

そのプレッシャーでどんどん小さいスイングになる悪循環。

昔の巨人の石毛が9回に出てきた時のような不安な顔をします。

西武で言ったら東尾時代の大沼。俺たちの沼者です。

出てくるだけでミクシィで大騒ぎしてたあのザワザワ感がズベレフにあります。

トップ8の試合で、オマケみたいなもんなんだから

もっと気楽に打ったら良いのに、と気の毒になります。

 

Scroll Up