お知らせ

アライモータース多摩の最新ニュース

★レッツ★
2020-09-7 19:12

新車原付最安値のレッツです。

メーカーさんで出ている4色ともに即納できます。

気になっている方は車種のページにて金額をご確認ください!!!!

ってことでテニス。

ついにジョコがやっちまいました。

寝落ちして起きた瞬間にパブロカレーニョブスタ(PCB)戦の6ゲーム目でした。

3-3でどうなるか全くわかりませんでしたが、PBCのショットが冴えていて、

ジョコはかなり左右に振られていました。

明らかに息が上がっているジョコはコロナにかかる前は滅多に見ることはありませんでしたが、

コロナ後はほぼ毎試合こんな感じでした。

膝に手を当てて苦しそうにしている姿はすでに5セットを戦っているようでした。

そして問題の11ゲーム。

ジョコのサーブ精度が悪くなり、セカンドを思いきり叩かれます。

足がもつれて転んでしまったジョコは左肩を打ちます。

恐らくこれでジョコは自分にブチ切れました。

まだ4回戦。ここでこんなに苦戦するはずがない。

コロナにかかる前はこのくらいの動きで疲労するはずがなかった。

イメージの中にいる自分と、今の自分とがあまりに離れていたのでしょう。

この時点で一度ボールを打ちますが、特に罰則はなし。

その数ポイント後にブレークされます。

奇数ゲームが終わったのでコートチェンジで歩き出したジョコでしたが

数歩で突然ボールをフラットで後ろの壁に打ち込みます。

これが純フラットならよかったのに、ちょっとスライスがかかってしまい

線審の喉に当たります。悶絶する線審。

「オー、オー」と言いながらすぐに介抱しましたが、その後失格を言われます。

情けないのは審判団に対して10分以上言い訳をしてたこと。

黙って座って反省しているなら分かるけど

「いや、狙ったんじゃないんだよ」って言い訳してましたが

狙ったなら永久追放です。

ジョコはこの大会前に選手会を離脱して新しい選手会を立ち上げました。

フェデラーやナダルはそのまま残ったので実質2つの選手会がある事態になりました。

その会長であるジョコがこんなことをしたら誰が仲間になってくれるのか。

線審はしばらく動けませんでしたが、歩いて治療室に向かったのでおそらく大丈夫だと思います。

動画サイトではすでに線審になり、ジョコらしき選手が打ち込んでくるボールを避けるゲームが作られています。

ただ、この試合は恐らくこんなことがなくてもPCBが勝ってたと思う。

この試合で一番大事こと。大会前から見てましたが、やっぱりジョコはコロナの影響が強くあると思う。

そして今のジョコは「コロナがインフルと同じ」と言っている人に見てほしい。

インフルなら治れば普通に戻るけど、コロナは深刻な後遺症が残る。

彼ほどのトレーニングをしている人でも元に戻ることがない。

もし今のジョコを見ても同じことが言えるとは思えない。

F1はガスリーが初優勝です!!!

DAZNで見ていましたが泣けました。

サインツとしては再開後、順位を上げていくのに数周余計に使ったことが最後に追いつけなかった理由です。

恐らくあと2周あればガスリーを抜いて優勝できたと思う。

アルファタウリ、元トロロッソも久々の優勝。

レッドブルから降格した選手が奮起してマクラーレンを抑え込む姿は

マンセルに追われながらモナコを逃げるセナを思い出しました。

ハミルトンはピットがクローズになっているタイミングでピットインしてしまったペナルティで7位。

タッペンはトラブルでリタイア。アルボンはポイント圏外。

いよいよ来シーズンのレッドブルのセカンドシートをめぐる争いが熱くなりそうです。

個人的には今F2で頑張っている日本人がクビアトの代わりにアルファタウリに入ると思ってます。

Scroll Up