お知らせ

アライモータース多摩の最新ニュース

★ℤ125PRO★
2020-11-22 11:21

現行の一つ前、マットカラーが店頭展示中です。

新色も出ていますが、この車種も納期が不安定です。

現行とは色のみの違いとなるので、気になっている方は見に来てください!

ってことで、昨夜は忙しかった。

まずサッカー。

スパーズ2-0シティー。

ソン君の先制点は素晴らしかった。

この大一番での先制点は過去のアジア圏ナンバーワンを決定的にしたでしょう。

中田ヒデや俊輔、パク・チソンや奥寺さん。いろいろな選手がいましたが、

このゴールで完全にソン君がトップです。

2点目も縦パスのクリアがケインに入って、

ソン君が右に流れたことで左にスペースが出来てロ・チェルソにパスが出せました。

アシストは付きませんが、ソン君の動きが良かった。

この試合はシティーの方が有利だと思ってましたが、

モウリーニョがデ・ブライネを完全に抑えきって作戦勝ちです。

まだ解任騒動にはなりませんが、今年のプレミアは混戦になりそうです。

レアルは1-1でビジャレアルと分けました。

レアルの先制点は線審が旗を上げて、すぐに引っこめるというナイスアシスト。

ビジャレアルの選手がセルフジャッチをしたとDAZNの解説が言ってましたが、

上がった旗を見たら、プレーを続ける方が難しい。

なぜか現地新聞では欠場だったヴァランが先発。

カルバハルが戻ってきて、ナチョのCBの不安定さを打ち消しました。

ただ、クロースにミスが多い。モドリッチと2人並ぶとプレーが遅くなる。

カゼミーロとバルベルデが共に不在になると相手の攻撃を受け止められません。

ウーデ・ゴーが久々に出てきましたが、来年は良い選手になりそう。

また、アザールは良いプレーをした。

怪我明けで重かったらどうしようか不安でしたが、仕上がってました。

ベンゼマが不在でマリアーノとルカス・バスケスが出場。

バスケスは酷かった。彼はもう守備の選手として計算したほうが良い。

サイドバックとしては左右どちらでも出来るのでマルセロを早く売却して、

バスケスを起用して欲しい。

バルサとアトレチコは今夜観ます。

テニスは2試合ともすごい試合だった。

ティエム2-1ジョコ、メドベ2-1ナダル。

ゆっくりと世代交代が進みそうです。

ティエムとジョコの試合は両者ともにサービスキープ。

2ゲームタイブレイクで、唯一のブレイクをしたティエムが勝ちました。

3セット目のタイブレイクは最初にジョコが4P取って、

このまま勝つと思ったら急に返球が短くなってティエムに攻め込まれて6P連取。

1Pジョコが返して6-5にしましたが力尽きました。

ジョコ相手にタイブレークで6P連取は凄い。

2試合目は3セット目のナダル5-4のSFMで

メドベがラブゲームででブレイクしたのが全て。

ナダルはあのゲームの作戦をしばらく悔やむでしょう。

弱気になって返球がセンター寄りになってしまいました。

メドベはこれを取られてら仕方ない、と開き直って

サイドラインぎりぎりにショートクロスを打ち続けました。

あれが出来て、サイドラインの内側ギリギリに落ちるのが今のメドベの強み。

決勝はティエム対メドベ。

個人的にはメドベが全米の仕返しをすると期待します。

去年からのメドベは本当に凄い。

特に今大会のメドベは一番攻める。

ナダルの跳ねる難しい球を打ち込めたんだから、ティエムも同じように出来るはず。

全米ほど球足が遅くないんだから、ここはメドベの優勝を期待します。

 

Scroll Up